このサイトは、東京外かく環状道路(外環)に関する情報をみんなで共有することを目的に開設しました。

外環の役割分担

基本的な考え方

2011.12.09 今後の高速道路のあり方中間とりまとめ page
13頁(3) 整備・管理の基本的な考え方  ミッシングリンクの解消
東京外環、名古屋2環などの大都市部の高速道路は、緊急性や周辺ネットワークとの整合性から、利用者負担による有料道路方式での整備を基本とすべきである。その際、様々な工夫を行ってもなお高速道路の利用者負担だけでは足りない分については、事業主体の責任を明確にしつつ、税負担も活用することが必要である。」

直轄事業と有料道路事業の基本的な役割分担の考え方の報告

2012.01.24 社会資本整備審議会 道路分科会 第8回事業評価部会 page 資料4
08頁 3.報告事項(1)東京外かく環状道路(関越〜東名) 施行区分の考え方
「区間によって責任分担を明確化した上で、利用者負担(収入で賄える分)と税負担の組み合わせにより対応」
「具体的には、
・効率的かつ効果的な管理を行うために、日常的なメンテナンスが必要な舗装や設備工事は有料道路事業者が実施
東名JCT部については、効率的な整備を進める観点から、有料道路事業者が実施


出典:社会資本整備審議会 道路分科会 第8回事業評価部会 page 資料4

東名JCT部の参考図

出典:東京外かく環状道路(関越〜東名)事業連絡調整会議(第7回)開催結果2018.12.21 page 資料1

年度ごとの当初予算額

関東地方整備局の直轄事業の事業計画等(当初) page

(単位:億円)
年度全体
事業費
負担基本額地方
負担額
事業内容備考関東地方
整備局長
東京
都知事
工事費測量
設計費
用地費
及補償費
20101兆28200.005.4052.5057.9014.475・調査設計
・用地買収
菊川 滋石原慎太郎
20111兆28202.0012.00111.00125.0031.250・調査推進:調査設計
・用地買収推進:用地買収
・工事推進:環境整備工
下保 修石原慎太郎
20121兆28201.5019.50229.00250.0062.500・調査推進:調査設計
・用地買収推進:用地買収
・工事推進:環境整備工
着手後概ね10年程度を目指すものの、
完成に向けた円滑な事業実施環境が
整った段階で確定予定
下保 修石原慎太郎
20131兆282014.5013.00272.50300.0075.000・調査推進:調査設計、埋蔵文化財調査
・用地買収推進:用地買収
・工事推進:環境整備工、準備工等
用地進捗率:20%
事業進捗率:5%
着手後概ね10年程度を目指すものの、
完成に向けた円滑な事業実施環境が
整った段階で確定予定
森北佳昭猪瀬直樹
20141兆2820122.0022.88164.00308.8877.220・調査推進:道路設計、埋蔵文化財調査
・用地買収推進:用地買収、区分地上権設定
・工事推進:氷川橋改良工、
 大泉地区ランプ橋(L=600m)上下部工、
 中央地区ランプ橋(L=400m)下部工、
 本線トンネル工、
 大泉地区改良工、中央地区改良工、
 環境整備工
用地進捗率:約32%
事業進捗率:約7%
用地取得、建設発生土の処理及び埋蔵文化財
調査等の課題があるが、東京オリンピック・
パラリンピック開催までの開通の可能性に
ついて、関係機関とともに検討していく
深澤淳志舛添要一
20151兆3731378.0027.0095.00500.00125.000・調査推進:道路設計、埋蔵文化財調査
・用地買収推進:用地買収、区分地上権設定
・工事推進:氷川橋改良工、
 大泉地区ランプ橋(L=420m)上下部工、
 中央地区ランプ橋(L=400m)上下部工、
 中央地区ランプトンネル工、
 本線トンネル工、
 大泉地区改良工、中央地区改良工、
 環境整備工
用地進捗率:約50%
事業進捗率:約11%
用地取得、建設発生土の処理及び埋蔵文化財
調査等の課題があり、東京オリンピック・
パラリンピック開催までの開通の可能性に
ついて、関係機関とともに検討していく
越智繁雄舛添要一
20161兆3731456.0020.0054.00530.00132.500・調査推進:
 調査設計
・用地買収推進:
 中央地区ほか用地買収
 中央地区ほか区分地上権設定
・工事推進:
 中央地区ほかランプ橋上下部工
 中央地区ほかランプトンネル工
 東名地区地中拡幅トンネル工
 本線トンネル工
 中央地区ほか改良工
 環境整備工
用地進捗率:約74%
事業進捗率:約21%
用地取得、建設発生土の処理及び埋蔵文化財
調査等の課題があり、東京オリンピック・
パラリンピック開催までの開通の可能性に
ついて、関係機関とともに検討していく
石川雄一舛添要一
20171兆5975485.0015.0030.00530.00132.500・調査推進:
 調査設計
・用地買収推進:
 中央地区ほか用地買収
 中央地区ほか区分地上権設定
・工事推進:
 中央地区ほかランプ橋上下部工
 中央地区ほかランプトンネル工
 東名地区地中拡幅トンネル工
 本線トンネル工
 中央地区ほか改良工
 環境整備
用地進捗率:約83%
事業進捗率:約29%
用地、工事それぞれに課題が多くあり、
具体的な開通の時期を見通すことは困難
であるが、関係機関の協力のもと、
安全を最優先に工事を進め、一日も早く
開通できるよう取り組む
大西 亘小池百合子
20181兆5975488.5015.0026.50530.00132.500・調査推進:
 調査設計
・用地買収推進:
 中央地区ほか用地買収
 中央地区ほか区分地上権設定
・工事推進:
 中央地区ほかランプ橋下部工
 中央地区ほかランプトンネル工
 東名地区地中拡幅トンネル工
 本線トンネル工
 中央地区ほか改良工
 環境整備
用地進捗率:約86%
事業進捗率:約35%
用地、工事それぞれに課題が多くあり、
具体的な開通の時期を見通すことは困難
であるが、関係機関の協力のもと、
安全を最優先に工事を進め、一日も早く
開通できるよう取り組む
泊 宏小池百合子
20191兆5975170.0015.0015.00200.0050.000・調査推進:
 調査設計
・用地買収推進:
 中央地区ほか用地買収、区分地上権設定
・工事推進:
 中央地区ほかトンネル工
 中央地区ほか橋梁下部工
 中央地区ほか改良工
 環境整備
用地進捗率:約89%
事業進捗率:約52%
用地、工事それぞれに課題が多くあり、
具体的な開通の時期を見通すことは困難
であるが、関係機関の協力のもと、
安全を最優先に工事を進め、一日も早く
開通できるよう取り組む
石原康弘小池百合子

施行区分の状況

参考:PONPOKO REPORT page

2019.04.24 外環事務所に現在の状況を確認しました。 page
    • 2016-2018年度は530億円、2019年度は200億円(特に工事費は例年の3分の1)だが、今年度分を精査した結果であり、事業に必要な額は確保している
    • 事業内容から「東名地区地中拡幅トンネル工」「本線トンネル工」が消えているが、NEXCOと共同で事業を行っていることから、直轄か有料道路か事業範囲の見直しによる
    • 事業範囲の区分を文書化したものはなく、来年度はまた戻る可能性もある

2019.04.25 関東地方整備局へ情報公開請求 page
    • 文書=東京外かく環状道路(関越〜東名)の年度ごとの個々の事業内容について、国による直轄事業か高速道路会社による有料道路事業かの施行区分に関し、指示あるいは打ち合わせを行った記録
    • 経緯=2012年1月24日に行われた社会資本整備審議会 道路分科会 第8回事業評価部会 資料4には「東名JCT部については(中略)有料道路事業者が実施」と書かれています。そこで過年度も含め、施行区分をどのように決めたのか確認することにしました。

2019.05.08 情報公開請求後の経過 page
    • 外環事務所から電話いただき、「施行区分に関して指示や打ち合わせを行った記録は無い」とのこと。どのような場で決めているのか聞いても「分からない」、昨年度まで東名JCT部の事業費を国が出していた理由についても「分からない」そうです。

その後の経過 page
情報公開請求で入手した文書 page
    • 2019.07.03入手 関越自動車道(東京都三鷹市北野〜東京都練馬区大泉町区間)並びに中央自動車道富士吉田線(東京都三鷹市北野〜東京都世田谷区大蔵区間)の建設事業の施行に関する基本協定書
    • 2019.08.17入手 細目協定書

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

このサイトの目的と編集方針
チェックの対象
記入方法
計算条件は適切か?
総便益は適切か?
委員は「公平な立場にある」か?
利益誘導になっていないか?
整備効果は適切か?
外環の役割分担
年度ごとの当初予算額
施行区分の状況
チェックに必要な資料
国土交通省道路局の契約
関東地方整備局の契約
外環事務所の契約
道路関係の組織
道路関係の資料
道路関係の行事
道路関係の会議
外環事務所
人事交流状況
地球温暖化と道路整備


【メニュー編集】

どなたでも編集できます