このサイトは、東京外かく環状道路(外環)に関する情報をみんなで共有することを目的に開設しました。

道路関係の組織

東京都市圏交通計画協議会 page
    • 活動/人の動きを調査するパーソントリップ調査と物の動き及びそれに関連する貨物自動車の動きを調査する物資流動調査を行い、これら基礎的な調査結果をまとめるとともに、広域的かつ総合的な観点からの都市交通政策の検討を行う
    • 構成団体/国土交通省 関東地方整備局、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市、都市再生機構、東日本高速道路、首都高速道路、中日本高速道路
    • 東京都市圏総合都市交通体系あり方検討会
      • 座長:兵藤哲朗 東京海洋大学教授
      • ワーキンググループ:[地・混在(座長:兵藤哲朗 東京海洋大学教授)、▲優奪肇錙璽(座長:森本章倫 早稲田大学教授)、C舎物流(座長:小早川悟 日本大学教授)
公益社団法人 土木学会 page
    • 役員 2017.6.9時点
      • 会長/大石久和(全⽇本建設技術協会)…元国土交通省技監、外環PI協議会発足当時の国交省道路局長 wikipedia}
      • 副会長/上⽥多⾨(北海道⼤学⼤学院)、遠藤元⼀(東⽇本⾼速道路)、岡安章夫(東京海洋⼤学学術研究院)、島岡隆⾏(九州⼤学⼤学院⼯学研究院)、霜上⺠⽣(近畿建設協会)
      • 次期会長/⼩林潔司(京都⼤学経営管理⼤学院)
      • 専務理事/塚田幸広(土木学会)
      • 理事/淺⾒郁樹(東⽇本旅客鉄道)、⽒家勲(愛媛⼤学⼤学院)、岡本正(清⽔建設)、勝地弘(横浜国⽴⼤学都市イノベーション研究院)、茅野正恭(⿅島建設)、京⾕孝史(東北⼤学⼤学院)、熊本直樹(広島⼯業⼤学)、倉内公嘉(国⼟交通省北海道開発局)、五道仁実(国⼟交通省⼤⾂官房技術審議官)、⼩室俊⼆(中⽇本⾼速道路)、佐々⽊葉(早稲⽥⼤学理⼯学術院)、須野原豊(⽇本港湾協会)、盒⼀朗(宮城県⼤河原⼟⽊事務所)、⼭純⼀(⾦沢⼤学)、⽥中茂義(⼤成建設)、中川⼀(京都⼤学防災研究所)、⻄⽥純⼆(社会システム総合研究所)、藤本聡(福⼭コンサルタント)、堀智晴(京都⼤学防災研究所)、前野詩朗(岡⼭⼤学⼤学院)、松本伸(⼤林組)、兪朝夫(建設技術研究所)
      • 監事/巾淳二(大日本土木)、三浦隆(東京都建設局道路監)
      • 会長は、「官庁」、「大学」、「民間」そして「すべての職域」の順番の4年サイクルで選考
    • 正会員
      • 個人=土木工学や土木事業に関心がある方、土木工学に関する専門的あるいは実践的知識を更に深めたい方、土木工学や土木事業に関する知識や経験をより広く活用したい方など、当学会の活動に賛同される個人
      • 法人=建設業、建設コンサルタント、その他土木に関連する事業を行い、土木技術を有する法人
      • 正会員の構成/建設業と建設コンサルタントが、個人は54.12%、法人は47.02%(2017.11.30現在)
財団法人 道路経済研究所 → 2009年度清算
    • 刊行物は、公益社団法人 日本交通政策研究会が取り扱っている
公益社団法人 日本交通政策研究会 page
    • 代表理事/金本良嗣(政策研究大学院大学)、原田昇(東京大学)
    • 常務理事/根本敏則(一橋大学大学院)、森本章倫(早稲田大学理工学術院)
    • 理事/大坪護(日本損害保険協会)、鹿島茂(中央大学)、苦瀬博仁(流通経済大学)、竹内健蔵(東京女子大学)、寺田一薫(東京海洋大学)、中村文彦(横浜国立大学)、矢野義博(日本自動車工業会)、山内弘隆(一橋大学大学院)
    • 監事/福田弥夫(日本大学)、二村真理子(東京女子大学)
    • 賛助会員/日本自動車工業会、日本自動車連盟、日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会、日本自動車部品工業会、日本自動車整備振興会連合会、日本建設業連合会、日本道路建設業協会、日本道路協会、日本橋梁建設協会、損害保険料率算出機構、日本損害保険協会、東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路、首都高速道路、東京都、横浜市
    • 賛助会員は年間1口10万円を1口以上
    • 2015年度の会費収入は、正会員138万円、賛助会員7,130万円、計7,268万円
一般財団法人 計量計画研究所 page
    • 国の道路関係公益法人改革により、2011年4月一般財団法人へ移行
    • 代表理事/黒川洸(東京工業大学・筑波大学名誉教授)
    • 業務執行理事/林一成(計量計画研究所)、鈴木奏到(計量計画研究所)、毛利雄一(計量計画研究所)
    • 理事/岸井隆幸(日本大学理工学部)、苦瀬博仁(流通経済大学)
    • 2014年度の事業報告によると、収入の多くを国交省と地方自治体(PT・物流など)が占めている
一般財団法人 国土技術研究センター page
    • 組織概要/建設大臣の諮問機関「建設技術開発会議」の建議を受け、民間拠出金による基金を基に1973年、建設大臣の許可を受けて「財団法人国土開発技術研究センター」として設立、2000年12月、名称を「財団法人国土技術研究センター」に変更し、2013年4月より一般財団法人になった
    • 役員 2016.3.17現在
      • 理事長(常勤)/谷口博昭(元国土交通省事務次官)
      • 業務執行理事( 〃 )/谷本光司(元国土交通省近畿地方整備局長)
      • 理事( 〃 )/三浦真紀(元国土交通省四国地方整備局長)
      • 理事(非常勤)/石田東生(筑波大学大学院)、岡田恒男(東京大学)、小林潔司(京都大学)、坂上桂子(早稲田大学文学学術院)、進士五十八(東京農業大学)、藤野陽三(横浜国立大学先端科学高等研究院)、森地茂(政策研究大学院大学)
      • 監事( 〃 )/土屋幸三郎(大林組)、谷田海孝男(日本建設業連合会)
      • 評議員/会長:中村英夫(東京都市大学)、評議員:有賀長郎(日本建設業連合会)、池淵周一(京都大学)、小野邦久(東日本建設業保証)、甲村謙友(水資源機構)、鈴木道雄(関東地域づくり協会)、畑地茂(みずほ銀行)、藤川寛之(日本道路協会)、松田芳夫(全日本建設技術協会)、森下伸昭(会計検査院 元院長)
      • 2015年度末の貸借対照表によると、現金・預金1億6757万円、未収金15億4046万円、投資有価証券6億9971万円、定期預金3億315万円、調査研究積立資産10億4407万円、退職給付積立資産4億1948万円などとなっている
一般社団法人 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC) page
    • 目的/JAPICは、民間諸産業による業際的協力と産官学民の交流を通じて叡智を結集し、国民の安全安心と持続可能で豊かな社会づくりに向けて、産業・経済、環境・資源・エネルギー、教育、国土・防災・都市・地域計画等、立国の根幹に関わる事項の研究並びに実現活動を行うことにより、国家的諸課題の解決に寄与し、日本の明るい未来を創生することを目的とします。
    • 役員 2017.6.1現在
      • 会長(代表理事、非常勤)/宗岡正二(新日鐵住金)
      • 副会長(非常勤)/山内隆司(日本建設業連合会)、佐藤康博(みずほフィナンシャルグループ)、小島順彦(三菱商事)、中村英夫(建設コンサルタンツ協会)
      • 理事(非常勤)/五味宗雄(安藤・間)、中野次郎(伊藤忠丸紅住商テクノスチール)、大野眞里(エックス都市研究所)、土屋幸三郎(大林組)、林孝憲(奥村組)、田代民治(鹿島建設)、大島邦彦(熊谷組)、西村悟(神戸製鋼所)、越智修(五洋建設)、宮本雅文(佐藤工業)、幡多輝彦(JFEエンジニアリング)、丸山隆(JFEスチール)、岡本正(清水建設)、飯島敦(新日鐵住金)、藤原真一(新日鉄住金エンジニアリング)、川清隆(住友商事)、藤原要(セメント協会)、田中茂義(大成建設)、児玉正孝(竹中工務店)、増田義則(中部電力)、松隈宣明(鉄建建設)、秋場俊一(戸田建設)、伊藤寛治(飛島建設)、一色眞人(西松建設)、大一仁(日建設計)、樋渡健治(日鉄住金物産)、渡辺一(日本政策投資銀行)、福田功(日本埋立浚渫協会)、矢野義博(日本自動車工業会)、桐明公男(日本造船工業会)、内山俊一(日本鉄鋼連盟)、長谷川伸一(パシフィックコンサルタンツ)、苅田祥史(日立製作所)、坂井正裕(日立造船)、菅沼広夫(フジタ)、内田要(不動産協会)、中西勉(不動テトラ)、岐部一誠(前田建設工業)、新井英雄(三井住友建設)、川本正一郎(三井不動産)、谷澤淳一(三菱地所)、岩田修一(メタルワン)、河野雄一郎(森ビル)
      • 専務理事(業務執行理事、常勤)/丸川裕之(日本プロジェクト産業協議会)
      • 常務理事(業務執行理事、常勤)/三浦潔司(日本プロジェクト産業協議会)
      • 監事(非常勤)/池田正人(東亜建設工業)、濱邉修一(東洋建設)、加藤広之(三井物産)
    • 日本創生委員会 委員長/寺島実郎(日本総合研究所)
    • 国土委員会 委員長/大石久和(国土技術研究センター、土木学会)
一般社団法人 全⽇本建設技術協会 page
    • 主な目的/建設技術関係者の技術水準及び社会的地位の向上並びに建設技術関係者の連携・交流を図り、 安全・安心で豊かな国土づくりに寄与する施策の円滑な推進及び良質な社会資本の整備・保全に資することにより、社会の発展と公共の福祉の向上に寄与すること
    • 理事・監事 2017.6.27現在
      • 会長/大石久和(元国土交通省技監)
      • 副会長/前田正孝(元国土交通省中国地方整備局長)、寺本邦一(元国土交通省大臣官房技術調査官)、小川富由(元国土技術総合政策研究所副所長)、田村聡志(東京都水道局技監)
      • 理事/西植博(元国土交通省中国地方整備局副局長)、松本直也(元国土交通省中国地方整備局副局長)、桂樹正隆(元国土交通省中国地方整備局副局長)、宇賀神義宣(元農林水産省水産庁漁港漁場整備部長)、小林安樹(札幌市手稲区長)、金子潤(宮城県土木部次長)、石井和範(群馬県県土整備部建設企画課次長)、豊田貴男(さいたま市建設局下水道部長)、金子裕之(足利市都市建設部長)、松田洋一郎(石川県技監)、宗宮裕雄(岐阜県県土整備部長)、水本雅章(奈良県道路公社常務理事)、宮本通孝(広島県土木建築局建設企画部長)、東村正行(徳島県東部県土整備局長)、小路智(福岡県県土整備部次長)、上田俊也(東日本高速道路蠏設・技術本部建設・技術統括課長)
      • 専務理事/中嶋章雅(元国土交通省九州地方整備局長)
      • 常務理事/秋山幸男(元埼玉県都市整備部長)
      • 監事/染矢康弘(元国土交通省港湾局建設課港湾事業監理官)、奥山宏二(東京都建設局道路建設部長)
    • 賛助会員 134団体 2016.6現在
      • いであ、東京鐵骨橋梁、エイト日本技術開発、所組、安藤・間、千代田コンサルタント、岩田地崎建設、大成建設、大林道路、大日本土木、青木あすなろ建設 東北支店、鉄建建設 本社、東コンサルタント、飛島建設、朝日工業社 北関東支店、田中組、植木組、東亜道路工業、アポロ調査設計、大成ロテック、朝日エンヂニヤリング、ダイシン設計、ウエスコ、土木技研、エム・エムブリッジ、栃木県用地補償コンサルタント、扇精光コンサルタンツ、東京都公園協会、有明測量開発社、東洋建設、淺沼組、大広エンジニアリング、奥村組、地崎道路、安部日鋼工業、戸田建設、オリエンタル白石、玉野総合コンサルタント、折本設備、長大、エステック、東京建設コンサルタント、建設技術研究所、大日本コンサルタント、五洋建設、日鋪建設、株木建設、日本鉄塔工業、向成建設、日本海工、神戸製鋼所、日本地下水開発、鴻池組、日本道路、国際航業、日本道路建設業協会、漁港漁場漁村総合研究所、日鐡住金建材、国土防災技術 新潟支店、日本水工設計、桐生工業、日本パブリックサービス、川田建設、日新設備工業、キハラコーポレーション、日本車輌製造、岐阜県道路・舗装技術協会、西松建設、栗山組、名古屋高速道路協会、開発虎ノ門コンサルタント、NIPPO、河崎組、ニッセイエブロ、技研興業、日本国土開発、科学技術振興機構、日本橋梁、九州開発エンジニヤリング、日立造船、國井建設、原工務所、ガイアートT・K、フクダ、建設物価調査会、福山コンサルタント、公成建設、本間組、建設資源広域利用センター、復建技術コンサルタント、KTB協会、プラネット・コンサルティングネットワーク、近代設計、福田組、建設業技術者センター、豊福設計、鹿島建設、復建調査設計、橋梁コンサルタント 東京支社、復建エンジニヤリング、新日鐵住金、橋本店、佐藤工業、フジタ 建設本部、清水建設 東北支店、北武コンサルタント、シーイーサービス、パシフィックコンサルタンツ、佐々木組、三和建設、サンコーコンサルタント、前田建設工業、三協設備工業、万六建設、坂川建設、三井住友建設、三和建設、宮地エンジニアリング、佐賀県建設技術支援機構、馬淵建設、サッポロエンジニヤーズ、三井共同建設コンサルタント、シバタ工業、前田工繊、世紀東急工業、水野建設コンサルタント、十八測量設計、横河建築設計事務所、セントラルコンサルタント、横山建設、シーエム・エンジニアリング、横河ブリッジ、全国防災協会、渡辺塗装工業
    • 2017年度予算より抜粋
      • 事業活動収入/会費 2億4043万円、講習会聴講料 2911万円、出版物 4297万円、ほか合計 3億3248万円
      • 事業活動支出/事業費計 2億9532万円、管理費計6890万円(人件費 4190万円)、ほか合計 3億6422万円
      • 投資活動収入/退職給与引当資産取崩収入 1880万円、ほか合計 3480万円
      • 投資活動支出/退職給与引当資産積立支出 1320万円、ほか合計 1420万円
外環事業受注1 建設コンサルタント
  • パシフィックコンサルタンツ株式会社 page
    • 事業例/首都高速中央環状線の山手トンネルの換気・照明・防災などトンネル付属施設の計画・設計
    • 事業例/長野冬季オリンピックに向けて進められた「北陸新幹線」の高崎〜長野間の高架橋設計と長野車両基地の計画設計
    • 事業例/2016年および2020年五輪競技大会の招致過程において、東京都がIOCへ提出する東京大会の開催計画である申請ファイルの作成及び立候補ファイル作成に伴う競技会場・選手村メディアセンター等の基本計画

道路関係の資料

  • 国土交通省「道路関係業務の執行のあり方改革本部最終報告書」2008.4 page
  • 大石久和『国土と日本人−災害大国の生き方』2012.2、中公新書
  • 大石久和『新しい時代の始まりと交流・連携−四全総総合点検報告について』1994.8、関西経済研究センター(大石氏は当時、国土庁計画・調整局 総合交通課長)
  • 藤井聡『公共事業が日本を救う』2010.10、文春新書
    • 参考:藤井聡『クルマを捨ててこそ地方は甦る』2017.10、PHP新書
  • BS11 報道ライブ21 INsideOUT 「現代ビジネス講座」世界を知る力
    • 2015.10.30放送「首都圏交通網がどう変わるのか」採録 page 動画あり
    • 出演/森昌文(国交省道路局長)・家田仁(東京大学・政策研究大学院大学教授)vs寺島実郎
  • 運輸調査局『運輸と経済』2015.12、特集「首都圏3環状道路がもたらす新時代」
    • 編集委員会
      • 委員長/山内弘隆
      • 委員/家田仁、加藤一誠、正司健一、高橋伸夫、竹内健蔵、根本敏則、羽藤英二、松澤俊雄、堀雅通、上村宗弘

道路関係の行事

  • 2016.02.25 首都圏広域連携 未来シンポジウム〜対流型首都圏の実現に向けて〜 page
    • 主催/首都圏広域地方計画協議会 page、共催/関東7社会、後援/東京商工会議所
    • 講演/「首都圏広域地方計画」への期待 三村明夫(東京商工会議所会頭)
    • パネルディスカッション/新たな首都圏広域地方計画と首都圏の未来
      • コーディネーター 家田仁(東京大学・政策研究大学院大学教授)
      • パネリスト 楓千里(JTBパブリッシング取締役、事業評価監視委員)、清水勇人(さいたま市長)、寺島実郎(日本総合研究所理事長)
  • 2016.05.25 技術講演会「三環状道路整備と首都圏交通の未来像」 page
    • 主催/(一財)首都高速道路技術センター、後援/首都高速道路蝓⊆鹽垤盖蚕儉
    • プログラム
      • 首都圏交通の未来像 筑波大学 システム情報系 社会工学域 教授 石田 東生
      • 首都高速道路の大規模更新の現状 首都高速道路螢廛蹈献Дト部 構造設計室長 宇佐見 健太郎
      • 自動車の安全技術の最新動向と今後の展望 蟷杏総合研究所 ITSグループ グループリーダー 杉浦 孝明
      • 国際都市東京のグランドデザイン 東京都市大学 環境学部 特別教授 涌井 史郎
  • 2017.03.15 シンポジウム「圏央道の役割と整備効果を考える」 page
    • 主催/読売新聞社、後援/国土交通省関東地方整備局、NEXCO東日本、NEXCO中日本
    • 基調講演 根本 敏則(一橋大学大学院教授)
    • 休憩・映像『空から見た圏央道』
    • パネルディスカッション『圏央道の役割と整備効果を考える』
      • パネリスト 根本 敏則(一橋大学大学院教授)、高岡 美佳(立教大学経営学部教授)、朝香 博(東京商工会議所地域振興部長)、大西 亘(国土交通省関東地方整備局長)
      • コーディネーター 堀井 宏悦(読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員)

道路関係の会議

社会資本整備審議会
  • 計画部会(2016年4月1日 時点) page
    • 所掌事務/社会資本整備重点計画の案に関し必要な事項、交通政策基本計画の案に関し必要な事項及び津波防災地域づくりに関する法律の施行に関する基本的事項の調査審議
    • 担当部署/総合政策局参事官(社会資本整備)付
    • 部会長/金本良嗣(電力広域的運営推進機関理事長、政策研究大学院大学)
    • 委員/淺野正一郎(情報・システム研究機構)、安達博治(JXホールディングス、日本経済団体連合会)、飯尾潤(政策研究大学院大学)、家田仁(政策研究大学院大学)、石田東生(筑波大学)、磯部雅彦(高知工科大学)、上村多恵子(京都経済同友会)、大串葉子(新潟大学)、太田和博(専修大学)、大橋弘(東京大学大学院)、勝間和代(経済評論家)、木場弘子(キャスター、千葉大学)、小池俊雄(東京大学大学院、土木研究所)、小林潔司(京都大学経営管理大学院)、齊藤広子(横浜市立大学)、住野敏彦(全日本交通運輸産業労働組合協議会)、田川憲生(熊本商工会議所、日本商工会議所)、竹内健蔵(東京女子大学)、田中里沙(宣伝会議)、辻本哲郎(名古屋大学)、中井検裕(東京工業大学大学院)、中村文彦(横浜国立大学)、原田昇(東京大学大学院)、坂東眞理子(昭和女子大学)、深尾精一(首都大学)、丸井英明(新潟大学)、矢ケ崎紀子(東洋大学)
  • 道路分科会(2016年7月1日 時点) page
    • 所掌事務/道路法の規定により審議会の権限に属させられた事項の調査審議
    • 担当部署/道路局総務課
    • 委員/浅見泰司(東京大学大学院)、飯島淳子(東北大学大学院)、石田東生(筑波大学)、太田和博(専修大学)、大森文彦(東洋大学)、勝間和代(経済評論家)、草野満代(フリーキャスター)、寺島実郎(日本総合研究所)、中井検裕(東京工業大学)、原田昇(東京大学大学院)、藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク)、村木美貴(千葉大学大学院)
    • 臨時委員/浅井隆(全日本トラック協会)、朝倉康夫(東京工業大学)、天野真志(読売新聞)、井伊重之(産経新聞)、家田仁(政策研究大学院大学)、稲垣昇(日本自動車連盟)、臼井祐一(日本経済団体連合会)、大串葉子(新潟大学)、小幡純子(上智大学大学院)、神田敏子(元全国消費者団体連絡会)、久保田尚(埼玉大学大学院)、児玉平生(毎日フォーラム)、小林潔司(京都大学)、崎田裕子(ジャーナリスト)、鈴木美緒(東京工業大学)、竹内健蔵(東京女子大学)、竹岡圭(モータージャーナリスト)、田島夏与(立教大学)、田村亨(北海道大学大学院)、中条潮(慶應義塾大学)、根本敏則(一橋大学大学院)、 羽藤英二(東京大学大学院)、兵藤哲朗(東京海洋大学)、前田郢(前田製菓、日本商工会議所)、屋井鉄雄(東京工業大学)、山下淳(関西学院大学)
  • 道路分科会 基本政策部会(2016年7月1日 時点) page
    • 委員/朝倉康夫(東京工業大学)、石田東生(筑波大学)、大串葉子(新潟大学)、太田和博(専修大学)、勝間和代(経済評論家)、草野満代(フリーキャスター)、久保田尚(埼玉大学大学院)、根本敏則(一橋大学大学院)、羽藤英二(東京大学大学院)、兵藤哲朗(東京海洋大学)、屋井鉄雄(東京工業大学)
  • 道路分科会 国土幹線道路部会(2016年7月1日 時点) page
    • 委員/朝倉康夫(東京工業大学)、天野真志(読売新聞)、井伊重之(産経新聞)、家田仁(政策研究大学院大学)、石田東生(筑波大学)、大串葉子(新潟大学)、太田和博(専修大学)、小幡純子(上智大学大学院)、児玉平生(毎日フォーラム)、小林潔司(京都大学経営管理大学院)、竹内健蔵(東京女子大学)、寺島実郎(日本総合研究所)、根本敏則(一橋大学大学院)、羽藤英二(東京大学大学院)、山下淳(関西学院大学)
  • 道路分科会 事業評価部会(2016年4月1日 時点) page
    • 委員/石田東生(筑波大学)、太田和博(専修大学)、鈴木美緒(東京工業大学)、竹内健蔵(東京女子大学)、田島夏与(立教大学)、田村亨(北海道大学)、羽藤英二(東京大学大学院)、原田昇(東京大学大学院)
  • 道路分科会 関東地方小委員会 page
    • 委員長/屋井鉄雄(東京工業大学)
    • 委員/大下茂(帝京大学)、久保田尚(埼玉大学大学院)、桑野玲子(東京大学生産技術研究所)、佐々木淳(東京大学大学院)、谷口綾子(筑波大学大学院)、二村真理子(東京女子大学)、牧野昌子(ちば市民活動・市民事業サポートクラブ)、水野創(千葉県経済同友会副代表幹事)
東京外かく環状道路
  • 東京環状道路有識者委員会 page
    • 東京外かく環状道路(関越道から東名高速)計画において、PIプロセスの時間管理を念頭に置きつつ、手続きの透明性、客観性、公正さを確保するため、公正中立な立場から、PIプロセスについて審議、評価、助言していただく
    • 2002年11月29日 最終提言
    • 委員長/御厨貴(政策研究大学院大学)
    • 委員/石田東生(筑波大学)、越澤明(北海道大学大学院)、中条潮(慶應義塾大学)、森田恒幸(元国立環境研究所)
  • 東京外かく環状道路の計画に関する技術専門委員会 page
    • 今後、より具体的に検討を進めるにあたり、沿線住民や関係自治体等に示していく資料に関し、技術的見地から、その妥当性について審議する
    • 2005年9月 とりまとめ
    • 委員長/石田東生(筑波大学大学院)
    • 委員/浅野光行(早稲田大学)、北林興二(工学院大学)、竹内健蔵(東京女子大学)、真下英人(土木研究所)
その他
  • 道路計画合意形成研究会 page
    • 今後の幹線道路事業の構想段階における計画決定プロセスやPIプロセスの内容等について具体的に整理・検討を行い、望ましい合意形成のプロセスを提言する
    • 2001年10月31日 提言
    • 座長/磯部力(東京都立大学)
    • 委員/石田東生(筑波大学)、小幡純子(上智大学)、金本良嗣(東京大学大学院)、越澤明(北海道大学大学院)
  • 高速道路のあり方検討有識者委員会 page
    • 概要/今後の高速道路の整備、管理、料金、負担のあり方について幅広く検討する
    • 2011年12月9日 中間とりまとめ
    • 座長/寺島実郎(日本総合研究所)
    • 委員/家田仁(東京大学大学院)、石田東生(筑波大学大学院)、逢見直人(日本労働組合総連合会)、太田和博(専修大学)、小幡純子(上智大学法科大学院)、門脇英晴(経済同友会)、竹内健蔵(東京女子大学)、椋田哲史(日本経済団体連合会)、森本淳之(日本商工会議所)

このページへのコメント

情報量が増えてきて改めて見ると、産官学ががっちり結びついている様子が分かります。このところ騒がれている「談合」以前に、構想段階や計画段階、事業評価の段階により大きな問題が隠れているようです。産官学のそれぞれ、この状況が良いと思う人ばかりではないと思います。組織の中から変えていくのは難しいかもしれませんが、日本一頭の良い人たちのはずですから、マスコミから叩かれるとかでなく、うまい方向転換の方法を見つけてほしいですね。

Posted by ドルフィン 2017年12月20日(水) 23:44:55

土木学会のホームページを見ると、会長は、「官庁」、「大学」、「民間」そして「すべての職域」の順番の4年サイクルで選考することになっているそうです。とはいうものの役員構成は偏って見えますね。

Posted by うぃき 2016年09月22日(木) 13:54:50

企業が利益の追求をすることは理解できなくもないですが、学者・研究者は社会的責任を感じないのでしょうか。最も責任重大で、最低の人達だと思います。

Posted by やまゆり 2016年09月22日(木) 11:34:38

土木学会はゼネコンや道路会社などの集まりなんですね。日本交通政策研究会は役員を見ると国の審議会委員ばかりですが、組織収入は車や道路関係の団体から、つまり研究費の面倒を見てもらっているということでしょうか。研究結果も審議結果も道路寄りになるわけですね。

Posted by シーシーアイ 2016年09月22日(木) 11:12:54

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  • このサイトの目的と編集方針
  • チェックの対象
  • 記入方法
  • 計算条件は適切か?
  • 総便益は適切か?
  • 委員は「公平な立場にある」か?
  • 利益誘導になっていないか?
  • 整備効果は適切か?
  • チェックに必要な資料
  • 関東地方整備局の契約
  • 外環事務所の契約
  • 道路関係の組織
  • 道路関係の資料
  • 道路関係の行事
  • 道路関係の会議


【メニュー編集】

どなたでも編集できます